何故ジスロマックが口臭に効果的とされたのか

「ジスロマック」を服用すると「口臭に効果的」という声があります。そもそもジスロマックにクラミジア感染症などの性病を治す抗生剤として用いられることが多く、そんな中で何故口臭効果があると言われるようになったのか。それは意外と知られていないかもしれませんがジスロマックの成分でもある「アジスロマイシン」には高い殺菌作用があり、歯周病などで歯ぐきの腫れを抑えるために歯医者さんで処方されたりする抗生剤でもあります。歯周病は歯と歯の隙間に歯垢が溜まり腐敗などによって細菌が増殖し、この細菌が感染することによって歯ぐきが赤く腫れたりブヨブヨしたりして出血や膿が溜まったりしやすくなります。この出血や膿から嫌な臭いの元となる異臭が発生しやすくなり、ジスロマックの殺菌作用がこの炎症した患部に働きかることによって口臭効果につながるというわけなのです。ここで大切なのはジスロマックの作用そのものが「口臭を取り除く」または「口臭予防」につながるといった直接的な作用は発揮しないといった事を理解することです。確かに歯周病によって腫れ上がった歯ぐきや膿を抑えるのには効果を発揮しますが、これらを抑えたからとって歯周病自体を治すといったことにつがらないのです。それによって一時は炎症がおさまっても歯周病自体を治療などによって完治されなくてはまたぶり返し、再び出血や膿から口臭が発生することも考えられます。また歯周病は口臭原因の大半を占めるといっても過言ではありませんが、そのほかにも舌苔などの口内環境の悪化・胃腸などの体内環境からも異臭が発生しやすくなります。自分自身でも体調を見直し歯磨きだけではなく舌磨きを取り入れたり、歯磨きの仕上にデンタルリンスを用いることも予防や改善につながります。