ジスロマックで性病発症の悩み解決

ジスロマックは性病であるクラミジア感染症が発症した際の薬として有名なものです。

ジスロマックが出てくるまでは、クラミジアの治療といえば長い期間をかけて薬をたくさん服用することで治していっていました。しかしながら時間が掛かりすぎるため服用を忘れたり途中であきらめたりと完治までに治療が続かないという場合も多く、治る確率は低かったのです。

しかしジスロマックはこの悩みを解決する画期的な薬として有名になったのです。ジスロマックの場合、1回の服用でその効果が7日間も続くのです。そのため服用を忘れるという心配もありません。7日間の間に90パーセントもの高確率でクラミジア感染症が治ってしまうのです。

クラミジアは感染率が高い性病です。今までの薬だと自分が完全に治る前にパートナーにもうつしてしまい、ようやく自分が完治しかけたところで再びパートナーからうつされたりなどいつまでも菌が残っていて、それも治る確率の低さにつながっていました。
しかし、ジスロマックを男女で一緒に服用すれば1週間で完全に菌をなくすことに成功するのです。

副作用が少ない薬ですが、体質によっては腹痛や下痢や発熱などの症状を発することもあります。一度に1000mgを服用するのが基本ですが、胃腸が弱いなど体質面で不安があれば500mgを1日1回ずつ、3日間に分けて服用しても効果は十分に発揮します。

性病の場合、病院に掛かるのは恥ずかしいという方もいますし、忙しくて病院に行く暇もないという方もいるでしょう。そういう場合は、クラミジア感染症かどうかを検査するためのキットを郵送してもらい、自宅でやってみましょう。必ずパートナーと一緒に検査し、一緒に直すことが肝心です。