ジスロマックの成分、飲み方、副作用

ジスロマックとは
↑幅広く効果が期待できるジスロマックについて

ジスロマックは、さまざまな感染症に対しての効果がある医薬品で、いわゆる抗生物質とよばれるものにあたります。
ジスロマックの有効成分は、アジスロマイシン水和物というもので、この成分が体内に吸収されると、体内に侵入して増殖を繰り返している病原性微生物の増殖活動を抑制するとともに、濃度が高い場合には殺菌的な効果も発揮することがわかっています。
このジスロマックが対象としている菌種は幅広いもので、肺炎球菌、インフルエンザ菌、百日咳菌、淋菌、マイコプラズマ、クラミジアなどといったものがあります。
ジスロマックには、製品としてアルミのシートに入った錠剤タイプのものと、ドライシロップタイプのものがあり、そのほかに小児用のカプセルなどもあります。
したがって、どのようなタイプのジスロマックであるか、あるいはどのような病気に対して処方されているのかによって、飲み方が一部異なるため、医師や薬剤師の指示にしたがうことがたいせつです。
一般的な成人用の錠剤タイプのものであれば、500ミリグラム入りを1日1回、通常は3日間にわたって続けて服用するというのが正しい飲み方となります。
ただし、尿道炎や子宮頚管炎については、1000ミリグラム相当を1回服用することになっていますので、内科などで処方される場合と、泌尿器科や婦人科で処方される場合とでは、同じ医薬品なのに飲み方が異なる結果になりますが、別に不思議なことではありません。
ジスロマックの副作用に関しては、それほど顕著なものはありませんが、腹痛、吐き気、下痢、発疹、健康診断などでの肝機能値の異常などが知られています。
また、めったにないことですが、皮膚や眼の粘膜などが突然赤くなったり、皮膚がめくれたりする重篤な皮膚症状を呈する副作用があるため、この場合はただちに医師に診察を求めるべきです。
●ジスロマックでは治せない病気
カンジダになったらすぐ治す!